活動報告

消防議連・総務部会合同会議、その後要請

吉嶺努市議、石田総務大臣、コクバ、古屋圭司消防議連会長

朝、消防議連・総務部会合同会議。一昨年、昨年と防災ヘリの痛ましい事故が続きました。安全運航の確保のための決議と石田真敏総務大臣への提言。
沖縄県は全国で唯一、消防当局が運用する防災ヘリが導入されていない県(佐賀県は今年導入)。現在導入に向け鋭意検討が進んでいますが、東西1000㎞、南北400㎞と広大、そしてほとんどが海上運用となる沖縄県には他県と異なる様々な制約もあり、格別のご配慮をお願いしました。
消防議連会長の古屋圭司先生も、先日、吉嶺努那覇市議と個別にご面談いただいたこともあり、沖縄県の事情も深くご認識いただいています。「防災ヘリは人命にかかわることだから、沖縄のことは立場を超えてしっかり取り組むように」との力強いお言葉をいただきました。